リバースモーゲージ

PICK UP!! 老後にひとりで引越しするなら・・・

年齢を重ねてから独り身の状態であれば、引越しするのもしんどいですよね。そういったときは業者にお願いすると思うのですが、やっぱりアリさんとかクロネコの単身引越しパック、サカイ引越しセンターといった大手の会社を使うことがおすすめとなりますね。 ・・・詳細はこちらをクリック

リバースモーゲージのメリットは?

リバースモーゲージのメリットは「自宅に住み続けながら貸付を受けることができる」ということです。

高齢者になればなるほど「お金が必要となっても、働いて確保することが難しくなる」という面があります。その分、投資などで資金を確保しようとしても、ハイリスクな投資を行うことは難しくなり、結局ローリターンであってもローリスクな投資方法に限られるということになってきます。

また「現在もっている資産を、失わない方向、使わない方向に考えよう」という思いもあることでしょう。

「お金はあっても、病気や不測の事態に対して、備えなければという思いから、使えない」という人が、実際に多くいます。リバースモーゲージを利用すれば「持ち家に住みながら、生活資金を得られる」という安心感があります。そのため、本人にとっても「お金を使うことができる」という安心感が得られます。

また国の経済面からみても「お金を使う人が増える、使う額が増える」というメリットがありますので「景気が良くなるのでは?」と期待が持てます。

また、一部の民間金融機関が行っている「住み替え型・リバースモーゲージ」という制度があります。高齢となり「子どもも独立したので、今の家は広すぎる」「老人ホームに入居したい」といった人にも、リバースモーゲージ制度が利用できる道が開かれたのです。

マイホームを手に入れることは、「一生に一度の大変なできごと」です。そうまでして手に入れたマイホームを手放すことが惜しい気持ちは、誰もがよくわかることでしょう。リバースモーゲージはそのような気持ちによりそいながらも、老後の生活が破綻しないように、と考案された制度なのです。

リバースモーゲージのデメリットは?

リバースモーゲージのデメリット・問題点としては、まずは「全員が利用できるわけではない」ということがあります。
自治体や金融機関によっても、利用できる条件には違いがありますが、主なものをあげると「マンションや借地権つき住宅などは利用できない」「自宅の評価額(土地のみ)が一定以上でないと利用できない」「地価下落や金利上昇などがあると、融資額の減額や打ち切りのリスクもある」といったことを知っておくべきです。地価が下落した場合に、担保不足となり融資額の減額・融資そのものの打ち切りといった事態も、起こりうることを知っておいてください。

また、リバースモーゲージの利用が長引いた場合(思ったより長生きした場合)に、融資額が膨らんで、担保不足となる可能性はあります。

そして、考えたくない人も多いでしょうけれど、あえてお話しておかなければならないのは「相続に関する揉め事」です。子どもが親の土地・建物を相続できると思っていたのに、リバースモーゲージを利用したために、それができなくなったと揉めることがあります。ただ、このようなことをいう子どもには「リバースモーゲージがなければ、子どもに援助をしてもらわなければならなかった」「親の財産をアテにするのは、人間としてどうか」という点を説き聞かせる必要はあるでしょう。

「子どもの生活も大変で、親への援助をしている場合ではない」という状況は多々あります。そのような子どもの事情をよくくんだ上で、リバースモーゲージを利用するのかどうかを決めましょう。

Copyright © 2011 リバースモーゲージがオススメの銀行は?. All rights reserved