トップページへ戻る > 基礎知識

基礎知識

リバースモーゲージ(reverse mortgage)とは、自宅を担保に老後資金の貸付を受ける制度で、広い意味では住宅ローンの一種(逆抵当融資)です。
ちなみに、通常の住宅ローン(お金を借りて住宅を買う方法)は「一般抵当融資」と呼ばれます。「リバース(Reverse)」は逆方向、モーゲージ(Mortgage)は抵当のことを表します。

リバースモーゲージは、自分の持ち家など、既に所有している住宅を担保として、毎月一定額の貸付を受けるという制度です。ローンの返済はせず、貸付を受けた人が死亡した時に、担保となっていた住宅を処分して、返済資金にあてるという方法がとられます。高齢者は一般的なローンを利用することが難しいのですが、リバースモーゲージを利用すれば、住居を失うことなく、自分が使うことのできるお金を得て、生活資金にあてることができます。また、月々一定額の貸付を受ける年金方式だけではなく、必要なときに一時金として貸付を受けることもできます。

リバースモーゲージには、自治体やその外郭団体が運営するものと、信託銀行など民間が運営するものがあります。日本で初めて導入された事例としては、1981年(昭和56)に東京都武蔵野市で先駆的に取組みがあげられます。2003年には厚生労働省が行う福祉政策としての長期生活資金貸付制度が開始され、2007年には要保護世帯長期生活資金融資制度の整備もされたことから、国や各地の自治体もリバースモーゲージという融資制度に注目していることがわかります。

こちらのサイトはスゲー良い!!赤帽だと料金が安くて良い? - 単身引越し.netは必見の内容だね

Copyright © 2011 リバースモーゲージがオススメの銀行は?. All rights reserved