トップページへ戻る > 自宅を手放すことのメリット・デメリット

自宅を手放すことのメリット・デメリット

リバースモーゲージのメリットは「自宅に住み続けながら貸付を受けることができる」ということです。
ただ「何が何でも自宅を保有し続ける」ということにも、デメリットはあります。

「自宅を手放す」という言葉には、なんとなく暗い響きがあり、それを避けたいために、リバースモーゲージを利用する人が多いでしょう。ただ、リバースモーゲージを利用した場合でも「手放すタイミングが遅くなる」だけで、いずれは手放すときがきます。

生活資金を得るために、自宅を手放すことのデメリットは、住み慣れた家を離れることの精神的ダメージや、高齢のために新しい住処を探しづらくなる、といったことがあります。また、遺産相続することを考えていた子どもとの関係が悪くなることもあります。これはリバースモーゲージを利用した場合でも同じです。

一方で、生活資金を子どもの援助を得て、あるいは、公的支援を受けて、さらには自分が再就職してでも確保しながら自宅を保有し続けることにもデメリットはあります。高齢になれば、階段や玄関の段差がつらくなったり、浴室の設備を不便と感じるようになったりします。自宅のバリアフリー化を進めるには、ある程度は公的な支援が得られますが、それでもいくばくかの自己負担は生じます。

さらに、モノというのはいずれ朽ちてきますので、補修費用も必要となります。固定資産税も払い続けなければなりません。

ただ自宅をそのまま保有し続ければ「マイホームを得た」という満足感を人生の終わりまで持っていくことはできるでしょう。

何を選ぶのかよく考えてリバースモーゲージの利用や住み替えを検討する必要がありますね。

Copyright © 2011 リバースモーゲージがオススメの銀行は?. All rights reserved