トップページへ戻る > 住宅にかかる費用を知る

住宅にかかる費用を知る

リバースモーゲージを利用すれば、住居を失うことなく自分が使うことのできるお金を得て生活資金にあてることができます。

ただし、住居を持ち続けることでかかる費用が発生します。そのことを知っておきましょう。

高齢になれば、「今まで平気で上り下りしていた階段が非常に使いづらくなる」「玄関先の段差を車椅子のために改造しなければならない」といったことも起こりえます。電気、ガス、水道などの突発的な故障などにも、自分で対処しなければなりません。

リバースモーゲージの利用を考える人は、非常に厳しい言い方ですが「生活費に困窮しつつある」人でしょう。そういう場合に、このような住宅にかかる出費をどうやって賄っていくかという問題については考えておく必要があります。

最近は、高齢者向けのマンションやケアハウスなども老後の住居として注目されていますが「マイホームを売ってまで、入居したのに期待はずれだった」というトラブルが報告されています。また、日本では高齢になればなるほど、新たに住宅を借りるということが難しくなっていくのは事実です。

若い世代の人には「こうした現実を知って、将来設計をするのがいいですよ」とアドバイスすることができます。ただ、現に「リバースモーゲージを利用するか、家や土地を売ってどこかへ引っ越すか」と考えている高齢者の方に、「若いときから資金計画を立てれば・・・」と言ったところで、現実の解決にはなりません。ファイナンシャルプランナーもこのような場合にどうアドバイスをするのか、内容や言い方に注意を払い、頭を悩ませるのが本当のところです。

Copyright © 2011 リバースモーゲージがオススメの銀行は?. All rights reserved