トップページへ戻る > 民生委員とは?

民生委員とは?

公的なリバースモーゲージ(長期生活支援資金貸付制度)を利用する初めのステップとして「民生委員に相談をしてください」という案内があります。

民生委員とは、民生委員法(昭和23年法律第198号)に基づき、社会奉仕の精神を持って、常に住民の立場になって相談に応じ、及び必要な援助を行い、社会福祉の増進に努めることを任務として、市町村の区域に配置されている民間の奉仕者である、とされています。

民生委員は、児童虐待が起こった場合から、高齢者の安否確認まで、様々な業務が課されることとなり、民生委員不足が起こっています。また、個人情報保護法との関連もあり「高齢者の安否確認などが、以前のように気軽に行うことができない」という問題も起こり、民生委員の負担は増しています。

民生委員は、公的なリバースモーゲージ(長期生活支援資金貸付制度)の借入希望者があったら、市区町村の社会福祉協議会などの融資窓口に上程し、都道府県の社会福祉協議会が融資の可否を審査する、という流れとなっています。

ただ、公的なリバースモーゲージが普及しなかったことの理由の一つとして、「民生委員が不動産に関する知識を、豊富にもっているとは限らない」ということがあります。実際に、借入希望者が直接、市町村の社会福祉法人を通してリバースモーゲージを利用しているのです。また、社会福祉協議会のスタッフも、全員が不動産の知識が豊富で、即刻対応できるという状態ではなかったことも、利用者数が伸びなかったことの原因とされています。

Copyright © 2011 リバースモーゲージがオススメの銀行は?. All rights reserved