トップページへ戻る > リバースモーゲージと生活保護

リバースモーゲージと生活保護

高齢者が生活に困窮する事態となった場合、まずは「要保護世帯向け長期生活支援資金貸付制度」が適用されるという自治体も多いようです。

簡単にいえば、65歳以上の要保護者には、生活保護よりも優先して、リバースモーゲージ制度を適用し、貸付が終了した段階になって、再度「生活保護の支給」の可否を判定する、というものです。

この制度が導入された理由は「生前に親の面倒を見なかった子どもが、親の死後に財産を相続できるというのは、おかしい」という理由だそうです。しかし「子どもも自分の生活に手一杯で、親の面倒をみるどころではない」という現実が多々あるのは事実です。一方で、生活保護制度を維持するために投入される税金の額は、膨らみ続けていますので、どこかで折り合いをつけなければならないのでしょう。

「要保護世帯向け長期生活支援資金貸付制度」には、問題点もあります。そもそも、リバースモーゲージが機能するのは「ある程度の価値のある不動産を持っている人」の場合です。ところが、生活に困っている高齢者の自宅というのは、それほど価値の高いものではないので、リバースモーゲージに似た「要保護世帯向け長期生活支援資金貸付制度」の適用を受けても、結果的には短期間しか貸付を受けられず、最終的には生活保護を利用しなければならない、という場合も多いのです。

また、高齢者になればなるほど、生活保護を求めることへの心理的抵抗が大きく、そんな中でやっとたどり着いた役所の窓口で、生活保護より前に要保護世帯向け長期生活支援資金貸付制度を利用してください、と言われると「拒絶された」という感じが大きいのです。

その結果「誰の助けも受けられない」という絶望感が増してしまう、という場合もあるのです。

いまから家具を大阪で探してみませんか?

Copyright © 2011 リバースモーゲージがオススメの銀行は?. All rights reserved