トップページへ戻る > 高齢者の住み替え支援事業

高齢者の住み替え支援事業

リバースモーゲージは「将来にわたって、自宅に住み続けることを希望する人」を対象とした融資制度です。ただ、一部には「住み替え」を前提とした融資制度もあります。

高齢者の住み替えは「不便であったり、広すぎたりする自宅から、より便利でバリアフリー化も進んでいる高齢者住宅、ケアハウスなどへ移りたい」という気持ちから行われることがあります。また、自宅は保有し続けたまま、たとえば人に貸して家賃を取るという形にし、自分や配偶者は、より便利な地域に住み替えるという方法もあります。これは「定期借家法」という法律ができて、もしも「自宅へ戻りたい」という場合には、借家人に確実に退去を求めることができることになったために、高齢者の間に「自宅に戻ることができる」という安心感が広がったのです。また、子供に財産を残せるということもメリットの一つです。

リバースモーゲージを利用すれば、子どもに負担をかけずに生活ができるかもしれませんが、将来、子どもに財産を残すことができません。このことで揉めるというご家庭は多いので、リバースモーゲージ利用前に、よく話し合う必要があります。

また、高齢者の住み替えが広まっているとはいえ、現実的には「高齢者が新しい住宅を借りたり、ローンを組んで新しい住宅を買ったりすることは難しい」ものです。
「自宅を何とかして保有し続けるメリット・デメリット」と「手放してでも他所へ移ることのメリット・デメリット」をよく考えて、住み替えるかどうかの検討をしましょう。

Copyright © 2011 リバースモーゲージがオススメの銀行は?. All rights reserved